受講の流れ・よくあるご質問 オンラインスペイン語スクール ハポニョール ペルーリマの語学学校

受講の流れ・よくあるご質問

HOME > 受講の流れ・よくあるご質問

受講の流れ

ステップ
01

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせフォームより
ご連絡ください。

ステップ
02

お申し込み

お申し込みは、
BASEサイトよりお願い致します。

ステップ
03

ご入金確認

Skype IDを交換すれば、
準備完了です。

ご入金確認後、テキストを
メールにてお送りいたします。

ステップ
04

受講当日

当日は、パソコンの前で
お待ちください。

<ご準備いただくもの>
・オリジナルテキスト
・筆記用具・辞書(任意)

よくあるご質問

+

Skypeもしくは、
ZOOMを使用します。

基本的には、メッセージが自動で保存されていくSkypeをオススメしています。

+

文法コースとコンサルプランには、オリジナルテキストが含まれます。

DELE対策講座では、問題集のご購入をお願いしております。

+

可能な時間帯:20時から午前9時
(日本時間)です。

※中南米在住の方は、土日を含むご希望のお時間をご相談ください。

+

日本とペルーの時差は14時間。例えば、日本の21時はペルーの朝7時です。

お仕事の後や土日にもご受講いただいております。
お申し込み前にご希望の時間帯を、お問い合わせフォームよりご連絡いただけますとスムーズです。

+

高速インターネットを契約し、有線で繋いでいるため、レッスンが中断したことはございません。

万が一、回線が悪く数分間中断した場合には延長してご対応いたしますので、ご安心ください。

+

ご受講は可能ですが、画面シェアなどを行うため、できればiPadやパソコンの使用をオススメします。

+

レッスンは現時点では、日本人講師による日本語での文法講義をメインにしながら、会話練習やリスニングも行っております。

ネイティブ講師をご希望の場合は、ご紹介が可能です。
まずは、日本語でしっかりと文法を理解して、作文できるようになることを目指していきましょう。

+

はい、毎週決まった日時にご受講いただいております。

+

レッスン開始予定時刻24時間前までにご連絡をいただければ、日程変更を承ります。

また、講座はそれぞれ有効期限を設定しておりますので、お申し込み前にご確認ください。

+

スペイン語は20カ国での公用語です。
どの国で学んでも、その国ならではの方言があり、使う単語も少しずつ違います。
私はペルーでスペイン語を学びましたが、世界各国に友人がおり、現在はスペイン人講師に教授法を学んでおります。


ペルーのスペイン語は、他の国に比べて聞きやすく、癖が少ないことが特徴です。
受講生様は、メキシコをはじめ、中南米各国にお住まいです。スペイン語の文法は同じなので、問題なく学んでいただけます。
そのうえで、それぞれの国の特徴もお伝えします。

講師紹介

「時々、言いたいことが
伝わっていない」と
感じることはありませんか?

金村恵美子

スペイン語コーチ
えみこ

スペイン語は、世界約20か国で母国語として話されている言語です。
母国語としてスペイン語を話す人は、世界に約4億8千万人。
この数字は、英語を母国語として話す人の数よりも、多いことをご存知でしょうか?

スペイン語はなんといっても、響きが美しい言語。
ラテン気質の陽気で明るい人たちと、自由に会話ができるなんて、とっても楽しいと思いませんか?
さらに、中南米はまだまだ伸びていく市場であり、ビジネスチャンスもいっぱいです。
個人が、自分のチカラで生きていくには、もってこいの言語です。

2016年6月:
スペイン語文法を日本語で説明するYouTubeチャンネル開設。
2019年11月:
オンラインレッスンをスタート。世界各国からの受講生100名以上を指導。

・YouTube登録者数4千人超
・DELEスペイン語検定対策講座 
合格率95%
(20代から70代の生徒様まで全員合格)